乳酸菌サプリメントで便秘生活とさよなら:貯め出し120%

お腹が弱い人

ランニング中

現在では、高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病が心疾患や脳卒中などを引き起こす危険因子になっていることがわかっています。
心疾患や脳卒中は、死因別疾患で癌についで常に上位に位置しています。
そのため、現在では生活習慣病にならないよう予防に重点をおく取り組みが盛んに行われています。
肥満については、余分な脂肪が体に蓄積されて体重が増加した状態のことをさしますが、脂肪は皮膚の下につく皮下脂肪と内臓につく内臓脂肪があります。
特に問題となっているのは内臓脂肪の方で、内蔵脂肪型肥満の他に脂質異常や糖尿病などいくつかの症状が当てはまる人は「メタボリック症候群」と呼ばれ、生活習慣や食習慣を見直す必要性があるとされています。

メタボリック症候群には診断基準が作られています。
内臓脂肪型肥満になるとお腹まわりが大きくなる特徴があるため、内臓脂肪型肥満かどうかはお腹まわりのサイズを測って調べます。
診断基準では男性では85cm以上、女性では90cm以上とされています。
現在では多くの健康診断でメタボリック症候群の検査項目が含まれていますし、最近では、脂肪を燃焼しやすくする成分が含まれていたり、コレステロールや血糖値をコントロールするような成分が含まれた特定保健食品などの健康食品も数多く販売されるようになっています。
生活習慣病はその名の通り、普段の生活習慣や食生活の乱れが大きな原因となっていますが、軽症のうちは生活習慣や食生活を見直すことで症状の改善が見込まれます。